hero
アルトナーエンジニア

半導体の他にも身につけたい技術がある。アルトナーならエンジニアとしての可能性が拡がります。

S.T.さん(以下:Sさん)は、半導体検査装置メーカーで、検査装置の立ち上げ業務を行っています。幅広い知識を要求される点がやりがいでもあり、苦労するところでもあるというSさんは、設計・開発の最先端でスキルを磨きながら、多岐にわたる資格取得にも力を入れています。
(取材・記事執筆:アルトナー取材班)

Profile

ハイバリューグループ
電気・電子 S.T.

工学部 マテリアル工学科
2021年新卒入社 20代
〈役職・年齢・業務内容等は取材時のものとなります。〉

自分のしたいことがわからなくなってきたとき、
見えてきた“アウトソーシング”という働き方。

工業製品の材料となる物質を開発するための研究ジャンルである材料工学を、大学で専攻していたSさん。半導体の基板の研究をし、就職活動も半導体を取り扱うメーカーを中心に回りました。研究していたパワー半導体は、エアコンや自動車、産業機器など幅広い用途で活用されています。しかし、就職活動を進めていくうちに、1つの問題にぶつかったとSさんは振り返ります。

「自分が本当にやりたいことは何なのか、わからなくなってしまったのです。今の時代には様々な技術があふれています。半導体という分野だけでなくエンジニアとしてできるだけ多くの技術を身につけていきたいと考えたとき、アウトソーシングという働き方なら叶えられると思いました。」とSさん。

アルトナーを知ったきっかけは、昨年アルトナーに入社した友人から話を聞いたことです。面接の際に面接官が気軽に話しかけてくれて良い印象を持てたことが、入社する決め手となったそうです。

何台も立ち上げていく検査装置をより良いものへ。
終わりなき改善に向けて、あらゆるスキルが求められます。

アルトナーに入社後、研修を経て配属されたのは、半導体検査装置メーカー。Sさんの業務は半導体製造工程で使用される検査装置の立ち上げです。半導体は非常に小さい回路からできており、微小な傷や異物等の欠陥を検査する装置が必要になってくるのです。

同じ装置を何台も立ち上げて調整を行う中で、あくなき改善・改良がエンジニアには求められます。Sさんは、ズレがないかのチェックや、ステージの構成、ロボットに動作のティーチングなどを行っています。調整も機械ではなく、人の手で細かい部分を調整します。先進テクノロジーの根幹をなす半導体ですが、やはりそこには人の手の介在が非常に重要なことに気づいたそうです。

今の仕事の面白さは一言では語れないとSさんは言います。「機構や電気といった各技術分野の知識はもちろん、装置をスパナやレンチで調整するためのスキルも必要です。数値解析ソフトウェアのMATLABを初め、プログラミングやネットワークの知識も求められます。何台も装置を立ち上げていくうちに、コツがつかめてスムーズに作業を進行できるようになります。」

こうした手順の改善をPowerPointでまとめ、手順書にして提案も行っているとのこと。エンジニアとして身につけた知識を頭と体で吸収している感覚があり、Sさんはそこに大きな喜びを見出しているそうです。

最先端の技術が求められる半導体検査装置に関わっていることに
大きなやりがいを感じています。

Sさんが働く半導体検査装置メーカーは、世界で最先端の技術を持っています。半導体は今まで以上に小さく、またより高性能へと日々進歩が求められますが、半導体装置もまた新しい機能や進化した装置が常に求められます。その様な中で活躍できることに、Sさんは大きなやりがいを感じています。

世界最先端の技術に派遣のエンジニアが関われることに、驚く方がいるかも知れません。しかし、それができるのがアルトナーであると、Sさんも実感しています。「顧客企業で働いて、自分の技術力がお客さまから認められれば、メーカーのエンジニアと同じレベルの開発に携わることができます。加えて、アルトナーでハイバリューグループを希望して合格すれば、先行開発といった上流工程のプロジェクトに配属される可能性が高まります。」

エンジニアは配属されてからが本当の勉強です。

Sさんが大学で研究していた半導体と、現在の仕事で関わる半導体は、同じ分野でありながら、全く異なる領域です。プロジェクトに参加当初は知らないことが頻出し、戸惑うことも多かったそうです。

その克服には、やはり勉強しかないとSさんは言います。「アルトナーに資料は一通り揃っていますし、配属先の企業にも装置の詳しい資料などがあります。自分に足りないところを勉強していくことで、スムーズに仕事に取り組むことができるようになります。」Sさん自身、大学では電気系は専攻していませんでしたが、アルトナーで電気の基礎研修を受けたことが、業務で役立っているそうです。

様々な技術を身につけて人間として幅のあるエンジニアになりたい。
アルトナーは最適な環境だと思います。

「様々な技術を身につけて将来的には半導体とは違う業務にも携わりたい。」というSさんは、多様な資格取得の勉強も始めています。入社1年目では基本情報技術者試験を取得し、今年はその上の段階の応用情報技術者試験を受験、現在は今後の韓国出張も見据えて韓国語の勉強を進めて試験を受ける予定とのこと。様々な業種を経験したり、資格を取得したりして、「人間として幅のあるエンジニアになりたい。」とSさんは強調します。

アルトナーには、エンジニアのスキルアップを応援するために、設計開発の職種や等級ごとに推奨資格を設定して、受験費用を会社が全額負担するなどの援助制度があり、「積極的に資格取得を目指すモチベーションになります。」とSさんは言います。

最後にSさんから、これからエンジニアを目指す学生の皆さんへアドバイスを。「メーカーに就職して1つの技術を極めるのも良いと思いますが、エンジニアとしてアウトソーシングの立場で様々な企業の最先端の技術を身につけることができる点がアルトナーの魅力です。やる気があれば応えてくれる環境が整っています。」

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る