hero
エンジニアの生き方

アルトナーに正社員として入社して、将来、メーカーへの「転職支援」を受けるという選択肢もあります。

(取材・記事執筆:アルトナー取材班)

アルトナーには「転職支援制度」があります。
エンジニアの長きに渡るキャリアプランの自由度が広がります。

アルトナーは、様々なメーカーの設計開発の現場に、エンジニアを配属している「技術者派遣会社」です。ですが、一般的にイメージされている、いわゆる“派遣”という仕組みとは、根本的に異なった仕組みを持っています。1つにはエンジニア達は正社員としてアルトナーに所属しているということ。


まずは雇用という点において、安心してエンジニアとしての人生を歩んで行けますし、充実した教育や研修などで、アルトナーでエンジニアとしてスキルアップ出来ることを意味しています。その背景のもと、もう一つの画期的な仕組み「転職支援制度」を設置しているのも、エンジニアには見逃せないポイントです。

実際に「転職支援制度」を利用した、アルトナーのOBたち。

転職先として紹介候補となるのは、アルトナーと、お取引実績のある顧客企業で、日本を代表する株式一部・二部上場企業、大手メーカーや、優良中堅企業約400社。アルトナーに入社と同時に、転職支援制度に登録することで、サポートを受けることができ、入社一年目でも紹介先とのマッチング次第、順次、転職先を紹介しています。


実際に転職を成し遂げたアルトナーのOBたちは、専属の担当者から応募書類作成や模擬面接などのフォローやアドバイスはもちろん、面接日程調整や採用条件交渉、内定後も無事に転職日を迎えられるようにサポートを受けていました。

転職成功事例

アルトナーへの入社を選択した理由として、
実に23.8%もの社員が「転職支援制度」を上げています。

就職活動時に、他社と比較検討するにあたって「転職支援制度」が比較的大きなウェイトを占めているのです。このことは例えば、希望する大手メーカーに転職することや、地元を一旦離れても、やがては転職し戻ることが出来るといった、将来用意されている可能性の幅、選択肢が魅力的だったことを示しています。

同時に、「転職支援制度」があることで、アルトナーの様な技術者派遣という業態に、関心の薄かった学生層も、興味を持つきっかけにもなっています。また、長年、潜在化していた技術者の転職希望という、決して止められるものではないニーズを、あえて正面から顕在化させて、業界にポジティブな雇用の流動性を生み出しています。そうしたことからも、この制度は、各大学の学生や教授、顧客企業からも高く評価されています。

よく聞かれる疑問「せっかく育成したエンジニアを
転職支援するのはもったいないのではないですか?」

よく聞かれる疑問として、「せっかく育成したエンジニアを転職支援するのはもったいないのではないですか。」というのがあります。アルトナーの主たる事業は、正社員としてエンジニアを雇用し、設計開発に携わる人材として大切に育てながら、様々な企業へ配属していくこと。自社のエンジニアの転職支援というのは、実は、業界の常識では「資産の切り売り」としてタブーとされてきました。

その資産とも言える、大切なエンジニアという人材の、転職を支援するのは一体なぜなのでしょうか?一見アルトナーにとっては損失のように思えるこの制度。実はアルトナーにとっても、転職支援制度を利用するエンジニアにとっても、双方にメリットがあることなのです。


まずアルトナーにとっては将来的に、メーカーへの転職を希望しているエンジニアを採用でき、正社員雇用を検討している顧客企業へも柔軟に対応できるということ。もう一つにはエンジニアがアルトナーに所属し、配属されている期間にアルトナーの質や信頼性を高め、顧客満足度を向上させることです。転職後には“アルトナー出身”であることに誇りを持って活躍してもらうことで、ブランドイメージの向上にも繋がります。

エンジニアにとっては正社員としてアルトナーに所属し、教育や研修、顧客企業への配属などでスキルアップしながら、希望するメーカーへ転職することが可能となるという、長いキャリアの中での大きな選択肢が1つ増えるというのが、最大のメリットではないでしょうか。

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る