hero
沿革

沿革

アルトナーは、1962年に設計開発の会社として設立され、高度経済成長を支えた京阪神のメーカーの設計開発業務を受注して成長を遂げました。

長い歴史の中で、多くの顧客企業と信頼を築き、実績を積み重ねてきた、設計開発が根底にあるエンジニア集団です。

1953年兵庫県尼崎に、「関口興業社」創業

創業当時は、阪神工業地帯の
重工業メーカーに対して、
「工業用手袋」の製造・販売を
行っていました。

お客様の設計部門より設計図面を
預かり
「白焼き」「青焼き」で、
複写・製本を行いました。

この頃より理系社員を雇い、
設計図面のトレース業務を行いました。
そしてお客様の設計部門に頻繁に
出入りするようになりました。

設計部門と取引する中で、お客様から
「設計開発の業務をお願いしたい」
という要請が高まりました。

「設計開発」の事業を行うことを
目的として……

1962年「大阪技術センター」
(現アルトナー)設立

日本の高度経済成長を支える京阪神の製造メーカーの
設計開発の業務を受注し、成長を遂げました。

お客様と当社のエンジニアは、
お互いの設計室を行き来して、
共同作業で設計図面を仕上げました。

事業が拡大する中で、行き来が非効率なため、
お客様より「こちらに常駐して欲しい」
という要請が高まりました。

設計部門と取引する中で、お客様から
「設計開発の業務をお願いしたい」
という要請が高まりました。

1986年労働者派遣法施行

1989年関東事業所を開設

1992年「大阪技術センター」設立30周年

1998年Art+Partner(パートナー)を
由来に、株式会社 アルトナーに
社名変更

2007年JASDAQ市場上場

2017年設立55周年、東証二部に市場変更

2018年中期経営計画スタート

持続的成長および次世代成長のための基盤を構築するため、
様々な施策に取り組んでおります。

2018年東証一部に指定

多くのお客様から、先進分野をはじめとした、
最先端の設計開発プロジェクトへ
エンジニア要請が増加中。

これから先も、「エンジニアサポートカンパニー」
多様化する人材が活躍できる、環境づくりを進めていきます。

TOPに戻る