エンジニア派遣のアルトナー

先輩社員インタビュー

燃料電池自動車の普及に不可欠な
水素ステーション開発のプロジェクトに参画。

  • ハイバリューグループ
  • ハイバリュー
    グループ
  • ソフトウェア
  • U.T.
  • 2015年新卒入社
  • エンジニア
  • 自然科学研究科 理学専攻
  • 20代
  • 〈役職・年齢・業務内容等は取材時のものとなります。〉
上田 智博
  • ハイバリューグループ ハイバリューグループ
  • ソフトウェア エンベデッド
  • U.T.
  • 2015年新卒入社
  • エンジニア
  • 自然科学研究科 理学専攻
  • 20代
  • 〈役職・年齢・業務内容等は取材時のものとなります。〉

アルトナーを選んだ理由は?

アルトナーは研修や教育制度が充実しています。また、様々な顧客企業との取引実績もあるので、幅広い専門知識とスキルを身につければ、「これだ!」と思える仕事にめぐり合えるのではと、入社を決意しました。

現在の業務内容は?

燃料電池自動車(FCV)をはじめとした水素社会の実現には、水素ステーションの普及が必要不可欠と言われています。現在は、水素ステーションの設計開発におけるソフトウェア設計とシステムテストを行っています。制御技術は、まだ手探りな部分が多く、アルトナーの勉強会で制御の考え方を学んだり、検証試験等を通して問題点の洗い出し、より効率的な制御方法を模索しています。

仕事のやりがいは?

参画しているプロジェクトは次世代エネルギーとして成長が期待されている分野であり、独自の技術によってその領域を開拓していることが魅力です。日々、新しいことに取り組めることで、業務を通じて自分の成長を感じられることが、やりがいにつながっています。

今後の目標は?

水素社会の実現のために、開発の現場では更なるスピードアップが求められています。私自身も知識や技術をいち早く身に付けて、開発に貢献していきたいと思います。

エンジニア志望の学生たちにメッセージを…。

アルトナーでは、入社1年目から設計開発の業務に携わることが可能です。業務を通して多くの経験やスキルを積むことができるので、エンジニアとして成長していくには最適な環境だと思います。

FCV(燃料電池自動車)とは…

FCVとは“Fuel Cell Vehicle”の略で、水素ステーションから車載タンクに充填された水素と、空気中の酸素の電気化学反応によって発生する電気を使ってモーターを駆動させる自動車のこと。走行中に排出するのは水のみであることから「究極のエコカー」と呼ばれています。
また、発電した電力を外部に供給する機能もあり、災害時に避難所に対して電力供給を行うことも可能です。

FCV

上田 智博

FCV(燃料電池自動車)とは…

FCVとは“Fuel Cell Vehicle”の略で、水素ステーションから車載タンクに充填された水素と、空気中の酸素の電気化学反応によって発生する電気を使ってモーターを駆動させる自動車のこと。走行中に排出するのは水のみであることから「究極のエコカー」と呼ばれています。
また、発電した電力を外部に供給する機能もあり、災害時に避難所に対して電力供給を行うことも可能です。

FCV

> 新卒採用エントリー

おすすめ先輩インタビュー

スタッフ
スタッフ
スタッフ
スタッフ