業績予想の修正、剰余金の配当(中間配当)及び 期末配当予想の修正に関するお知らせ

2021年9月8日

この記事のPDF版はこちら

最近の業績動向を踏まえ、2021年3月15日に公表した業績予想及び配当予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。
また、当社は、2021年9月8日開催の取締役会において、下記のとおり、2021年7月31日を基準日とする剰余金の配当を行うことを決議いたしましたので、併せてお知らせいたします。

1.業績予想の修正について

2022年1月期通期業績予想数値の修正(2021年2月1日~2022年1月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
7,671
百万円
809
百万円
812
百万円
563
円 銭
53.05
今回修正予想(B) 7,994 930 952 677 63.79
増減額(B-A) 323 121 139 114
増減率(%) 4.2 15.0 17.1 20.3
(ご参考)前期実績
(2021 年1月期)
7,174 887 910 628 59.16

修正の理由

新型コロナウイルス感染症の拡大による経営環境への影響が懸念されるものの、当初の予想に対して、稼働人員、技術者単価、労働工数が順調に推移しており、加えて、2020年入社の新卒・キャリア技術者の未配属者の配属、2021年入社の新卒技術者の早期配属が順調に推移する見通しとなったこと等により、売上高、営業利益、経常利益、当期純利益ともに前回予想を上回る見込みとなりました。

2.剰余金の配当(中間配当)及び期末配当予想の修正について

(1)配当(中間配当)の内容

  決定額 直近の配当予想
(2021年3月15日公表)
前期実績
(2021年1月期中間)
基準日 2021年7月31日 同左 2020年7月31日
1株当たり配当金 14円00銭 11円50銭 11円50銭
配当金の総額 148百万円 122百万円
効力発生日 2021年10月7日 2020年10月7日
配当原資 利益剰余金

利益剰余金

(2)配当予想の修正

  年間配当金
第2四半期末 期末 合計
前回予想

円 銭

11.50

円 銭

11.50

円 銭

23.00

今回修正予想 14.00 28.00
当期実績 14.00
前期実績
(2021 年1月期)
11.50 11.50 23.00

中間配当及び配当予想修正の理由

当社は、今後の事業展開や業績及び経営環境、経営基盤の強化を総合的に考慮し、株主に対する安定的な配当を実施することを経営の最重要課題と位置付けており、配当性向30%をベースに検討することとしております。

中間配当につきましては、上記の方針を踏まえ、業績等を総合的に勘案し、1株当たり14円といたします。

期末配当につきましても、前述の業績予想の修正に記載したとおり、売上、利益ともに前回予想を上回る見込みであることから、当初の予想より2円50銭増額し、1株当たり14円に修正いたします。これにより、2022年1月期の年間配当金は、1株当たり28円となる予定であります。
 

以上


ニュースリリース一覧に戻る