SEMINAR REPORT

セミナーレポート

2018年度 第2回 能力開発セミナーを開催

アルトナーでは、次代のエンジニアを目指す学生と社員を対象に、7月21日(土)、講師に人工知能・機械学習の研究者である濱上知樹氏と、世界初の燃料電池自動車の開発責任者である藤本幸人氏を招いて「能力開発セミナー」を開催しました。本会場である東京と、大阪、名古屋、宇都宮の各会場をWeb中継でつなぎ、総勢300名を超える学生と社員が聴講。それぞれの講演後には活発な質疑応答も行われ、有意義な時間となりました。

人工知能・機械学習の基礎知識、アルゴリズムとその応用

講師:横浜国立大学大学院工学研究院
教授 濱上知樹氏

昨今、テレビや新聞で見聞しない日はないほどの盛り上がりを見せている人工知能・機械学習。AI技術が搭載された自動車や家電の他にも、その進歩は社会の仕組みや働き方にも大きな影響を与えつつあると言われています。最初の講演では、人工知能・機械学習の第一人者である濱上教授に、AIが実社会でどう生かされているか、これからエンジニアが仕事の中でどう使っていけばいいか、応用のヒントをお話しいただきました。

プロフィール:千葉大学大学院自然科学研究科 博士課程修了後、同大学助手を経て、横浜国立大学大学院工学研究院に着任。助教授を経て、教授に就任。専門分野は、機械学習、知的医療支援、知的社会システムの研究。IEEE、電気学会、情報処理学会、計測制御自動学会、ロボット学会等、多数の学会にて積極的に活動。

AIは、次代を担うエンジニアの武器になる。

AIは魔法ではない。
どう使われていくのか説明が必要。

人工知能の歴史は60数年に過ぎません。よちよち歩きの段階だと濱上教授は語ります。

「人工知能の歩みは1960年代の第1次ブーム、1980年代の第2次ブーム、そして2005年以降現在に至る第3次ブームに大別されます。ここ10年来は1年単位で次々と新しい技術が出てきており、飛躍的進化を遂げています。あらゆる技術は、『黎明期』、『過度な期待』、『幻滅期』、『啓発活動期』、『生産性の安定期』という5つのフェーズを経て実用化に至りますが、人工知能の技術は、ここ数年、ずっと『過度な期待』の状態にあり、昨今ブームの深層学習(ディープラーニング)がそのことを象徴しています。研究者としてはうれしい反面、人工知能に過度な期待を持っていただきたくないという思いもあります。AIは実際に活用できますが、魔法ではありません。AIがいかに信頼できて、世の中でどのように使われていくのかをしっかりと説明していく必要があると考えています。」

AI基礎研究の出口はふたつ。
それは医療関係と社会インフラ。

大学で人工知能の基礎研究を行うと共に、濱上教授は30年近く企業での研究を通して「社会実装」に取り組まれています。基礎研究を実際の社会でどう応用するのか、講演は佳境を迎えます。

「基礎研究の出口として、2つ考えています。1つめが医療関係です。ライフサイエンスで人工知能を使おうという機運が非常に高まっており、救命救急で使う人工知能、重症度を判断する仕組みに人工知能を使う研究、がん治療の重粒子線の位置決め制御に人工知能を使う研究、生殖医療に人工知能を使う研究などが進行中です。そして、2つめが社会システムにおける活用です。日本は今、社会のインフラが老朽化していて、その維持管理に莫大なコストがかかっています。少子高齢化で専門技術者の人手も不足しています。そこで、異常検知やメンテナンス、予兆感知などに人工知能を活用して遠隔操作する取り組みを進めています。」

いよいよ本格化する社会へのAIの導入。その鍵はエンジニアリングにあると、濱上教授はさらに続けます。

「人工知能の技術がいくら進歩しても、社会実装するためのエンジニアリングがなければ、絵に描いた餅です。技術とエンジニアリングは別物ですから。どう社会実装するのかという仕組みを踏まえながら人工知能を使っていくことを、私は『知能エンジニアリング』と名付けています。従来のシステムインテグレーションだけでなく、『インテリジェント・システムインテグレーション』という分野を築く必要があると考えています。」

AIは人の仕事を奪わない。
人はもっと生産的、総合的なことができるはず。

それでは、社会実装のためのエンジニアリングを担うエンジニアたちは、AIとどう向き合っていけば良いのでしょうか。濱上教授は会場の皆に向けて明快に語りかけます。

「AIはもはや人工知能の研究者や技術者だけのものではありません。WordやExcel、PowerPointと同じように、誰もが使えるツールになっていくと思います。どんな分野、どんな技術領域でもAIは必要になってきます。AI技術の進歩と同時に、社会を実際に動かしている管理者層の人たちを筆頭に、人々の意識が大きく変わったことが、その要因だと考えられます。若い皆さんがこれからエンジニアのリーダーになっていくことを考えると、さらにAIに対する信頼、コモディティ化は進むでしょう。 今後重要なキーワードをふたつ挙げておきます。ひとつはRPA(Robotic Process Automation)。機械的なプロセスを全てAIに置き換えていくこと。これによって人の仕事が奪われるとよく言われますが、決してそうではありません。人はもっと生産的で総合的なことができるはずです。そして、もうひとつがXAI(Explainable AI)。AIはブラックボックスであってはいけない。なぜこれが必要なのか、なぜそうなったのかを、説明するところまでがAIの責任だと考えます。AIを使って仕事、ではなく、AIと一緒に仕事をする時代へ。それはもう始まっています。」

仕事の流儀「未来を切り開く夢への挑戦」

講師:株式会社本田技術研究所
上席研究員 藤本幸人氏

続いて講演していただいたのは、長きにわたって本田技術研究所で燃料電池自動車の開発リーダーを務められた藤本幸人氏。世界初、世界一となった夢の燃料電池自動車への挑戦を通して、開発の現場で会得されたエンジニアとしての考え方や、リーダーとしての哲学。確固たる技術論の上に培われた高い志は、これからのモノづくりを担うエンジニアにエールを送る力強いメッセージとなりました。

プロフィール:工学院大学工学部卒業後、本田技研工業株式会社に入社。エンジン制御システムの研究開発等に従事後、1998年 燃料電池車の開発責任者に着任。2002年 世界で初めて水素燃料電池自動車 (FCX)を実用化。2008年 燃料電池自動車 FCX CLARITYの量産化を実現。フィットEVにも開発責任者として携わる。朝日新聞の特集記事GLOBEに掲載や、NHKのテレビ番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演等、幅広く活躍。

世界初、世界一の技術は、
個の志から生まれる。

エンジニアとして燃料電池自動車で
新しい時代を切り拓きたかった。

「私はホンダの技術者として37年勤めてきて、その半分以上を燃料電池の研究開発に注いできました。入社当初からガソリンエンジンの制御システムに携わっていましたが、1998年41歳の時に燃料電池自動車の開発チームに開発責任者として抜擢されました。今起こっている気候変動や異常気象は、ひとつには自動車が排出する排気ガスやCO2が地球に負担をかけて招いてしまった側面があります。科学技術が生んだ問題は、科学技術で解決しなければならない。そんな想いから、水素燃料電池自動車 (FCX)、さらには量産車であるFCXクラリティの開発がスタートしました。排気ガスを出さず、水しか排出しない、ガソリンを使わない未来の車。私にはエンジニアとして燃料電池自動車で新しい時代を切り拓いていきたいという想いがありましたし、燃料電池にはその力があると確信していました。」

「地球規模で考え、行動は足元から」という言葉があります。藤本氏は、エンジニアとして遠くを見つめてどこに向かっていくのかを考え、今日の一歩一歩をしっかり進めていくことが大切だと強調します。

プロジェクト推進のための
「逆算のゴール」を設定。
その実現には敢えて「難しい道」を選ぶ。

「燃料電池自動車は世界の大手メーカーが火花を散らす開発競争で、ホンダもトップ集団の一角を占めていました。技術開発は常に競争で、競争が技術を進化させます。誰が最初に、まだ世の中にないものを実現するか、これが重要です。しかし、世界初のことをやろうとすれば、いきなり成功するはずがありません。失敗の連続です。そこで、私は逆算のゴールを設定してプロジェクトを推進させました。まず、最終的にいつ、何を成し遂げていたいかを決めます。その実現のためには、いつまでに何をしておく必要があるか、そのためには今日何をすべきかを明快にしてチーム全員が同じ方向を向いて取り組んでいきました。世界初を競っているので、他社よりも1日でも早く開発したい。しかし、近道を行くのではなく、難しい道を選んだ方が必ず成功します。」

難しい道とは何か。藤本氏は開発段階でのエピソードを紹介しながら、あくなきこだわりの大切さを語ります。

「完成車に近づいたテストドライブの時のことでした。アクセルを強く踏み込んだ時、アクセルの一瞬の緩みを感じたのです。ほんのわずかな緩みですが、見逃すことはできません。満足したら技術は死にます。技術は常に、さらに先へ、進化し続けなければなりません。その真実は、机の上だけでは見逃してしまいます。近年、効率を求めてバーチャルな世界が重要視されていますが、最後は現場、現物、現実。皆さんには、このことを肝に命じておいてほしいと思います。」

世の中を動かすために必要なこと。
「そこに感動はあるか、エモーションはあるか」。

世界にまだないものを実現するためには、とてつもない個人の突き抜けた想いが必要だと藤本氏は語ります。藤本氏が講演を通して何度も口にしたのが「夢」という言葉です。

「ホンダは、夢がベースにある会社です。企業スローガンである“The Power of Dreams”は、私たちのモノづくりの礎です。人に感動を与える車、人に感動を与える技術、それが世界を変えていきます。世の中を動かしていくには、そこに感動が必要です。世界初というスピードと、世界一というクオリティの高さを目指すのはホンダのDNAであり、その両方を目指しています。私は無類の負けず嫌いで、勝ちたいという気持ちが私の源泉。皆さんもエキスパートとして果敢に挑戦して、未来を進化させてほしい。それからもうひとつ、自分たちが生み出していくものに人の心を動かすエモーションが備わっているか、これも非常に重要な要素です。」

藤本氏はさらに、エンジニアとしてのキャリアの先にあるリーダーについても言及します。

「一台の車は数万点の部品から構成され、開発には1000人を超えるメンバーが関わっています。それを率いる開発責任者は重責です。チームメンバーが自由に意見を闘わせることのできる場をつくり、全員の夢を共有してチームとしての目標を提示し、最後は決断しなければなりません。岐路に立った時、チームメンバーのそれまでの努力と汗と涙を背負って、ベストな決断ができるか否かが問われます。」

ドイツのアウトバーンでFCXの完成車に試乗した時、4年にわたる燃料電池自動車プロジェクトが正しかったと確信したという藤本氏。「想いは意地でもカタチにせよ。結果はチームのため、過程は自分自身のためにある」というメッセージで講演を締めくくりました。

今後もアルトナーでは、力強く羽ばたこうとする若いエンジニアに向けて、次代の鍵を握るテクノロジーに携わる方やトップエンジニアの方による、能力開発セミナーを実施してまいります。