hero
エンジニア女子

アルトナー女子会 vol.02》注目のリケジョ(理系女子)。男性が多い職場で実際不便を感じることってある?

仕事のコト、毎日のコト。話そう、女性エンジニアライフ

モノづくりの最前線を担うエンジニアの世界でも、女性がいきいきと活躍する時代。

アルトナーでも、多くの女性エンジニアが、様々な分野の最先端技術に関わりながら、自己実現しています。2人のアルトナー女子に集まってもらい、仕事や将来の夢について本音で話してもらいました。さあ、アルジョ・トークのはじまりです。

Profile

ワイドバリューグループ 電気・電子 エンジニア 武田 真未
2013年新卒入社 情報通信工学専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】大手ワイヤーハーネス製造企業で、次期モデルチェンジ車に向けた設計・開発。


ハイバリューグループ 機械 エンジニア 新城 希和
2017年新卒入社 機械システム工学専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】大手自動車メーカーの研究所で、トランスミッション関連のテスト業務。

リケジョ(理系女子)が注目を集めているけれど、
男女関係なく活躍できるのがエンジニアの仕事。

どんな業務領域でどんな仕事をしているか、聞かせてください。

武田 真未 (以下・武田) 私はアルトナーに入社して5年目、配属された車載部品メーカーでずっとワイヤーハーネスの設計・開発に携わっています。次期モデルチェンジ車に対して、チームで先行検討して提案することがメインの仕事です。
新城 希和 (以下・新城) 私はまだ1年目で、自動車メーカーでトランスミッション関連の研究業務を行っています。不具合が起きたものをテスト・解析して、製品を改善する仕事ですが、多くの知識が求められるので勉強の毎日です。
武田 技術領域は違うけれど、新城さんも私も自動車に関わる仕事ですね。男性が多い職場だと思うけど、不便を感じることってある?
新城 私が所属しているテスト部署のエンジニアは20人、設計も合わせると50人ほどいて、女性は2人。確かに男性は多いですけど、エンジニアとして性別の違いを感じたことはないですね。
武田私も垣根を感じたことはないです。男性女性というより、エンジニア同士なんですよね。一方で、プロジェクトに必要な帳票作成では私がいちばん頼りにされていて、そうした細やかさは女性エンジニアであることの強みかなって思います。

エンジニアを目指した理由は何ですか?

新城 私たちの暮らしって、機械がたくさん使われているじゃないですか。大学では船舶や航空機の溶接の研究をしていたんですけど、機械は仕事として実感が湧きやすいと思ったことから、エンジニアを目指しました。部活で自動車やバイクでドライブしたり、整備する楽しさに触れたこともきっかけのひとつです。
武田 私は子どもの頃からものの仕組みを知りたい気持ちがありました。中学校の数学の公式も、ただ覚えるのが嫌で、その仕組みを理解できると興味が湧いてくる、そんな子どもでした。高校生の時、機械の組み立ての動画を見て「これだ!」と思ったのが、エンジニアの道への第一歩かな。

教育・研修制度が充実したアルトナーなら、
エンジニアとしても、人間的にも、成長できる!

アルトナーを選んだ理由は何ですか?

武田 私は就職するにあたって特別に目指す分野がなくて、エンジニアとして働きたいとだけ考えていました。企業説明会でアルトナーを知り、技術者派遣と聞いて、その手があったかと。アルトナーに入ってさまざまな分野の現場を経験しよう、その先にやりたい分野が見えるはずだって思い、入社を決めました。新城さんはやりたい分野は決まっていたの?
新城 自動車は興味のある対象でしたが、それだけじゃなくて、航空機や医療機器など、他の機械への興味もありました。将来は幅広い分野のエンジニアになることを目指して、アルトナーで力を尽くそうと決めて入社しました。『エンジニアサポートカンパニー』というアルトナーの理念に共感した部分が大きいです。

女性として、エンジニアとして、アルトナーの働き心地はいかがですか?

武田 入社当初、不安だったことはありますか?私の場合は、ビジネスパーソンとして、エンジニアとして、基本的なことは新入社員研修でしっかり身に付けられたし、配属先での心配事もなかったですね。新城さんはどうでした?
新城 私はちょっと不安だったんです。社会人としてやっていけるのかなという気持ちと、もうひとつは派遣先でどういう扱い方をされるのかなという心配。でも、取り越し苦労でした。アルトナーの新入社員研修を通して「やれる!」という自信も付きましたし、配属先でも配慮いただいています。
武田 例えば、どんなふうにですか?
新城 私に指示をしてくれる時に、単に指示するだけじゃなくて、「今こういう作業をしていて、そのためにはこのことを知りたいから、こういうテストをして」という言い方をされます。そのおかげで1年目の私でも全体像をつかみながら業務を行えますし、自分も成長できるんです。
武田 そういう配属先ごとの仕事の進め方、いわば企業文化をいろいろと学べるのも、派遣ならではのいいところですよね。

エンジニアとしての夢を追い続けるためには、
プライベートも充実させることが大切。

思い描いている将来のライフプランを聞かせてください。

新城 私は、経験を積む今は、スキルアップの大事な時期だと思っています。仕事に役立つ資格だけでなく、プライベートでも役立つ資格を取って、幅広い範囲で対応できるエンジニアになりたいな。そうすれば、将来、地元に戻ることがあっても選択肢が広がりますし。
武田 資格取得はどんな勉強をしているの?
新城 今、取り組んでいるのは、TOEICと解析で使うエクセルの
VBAの資格です。これから仕事をしていく上で、この資格を取っておいた方が業務効率も上がるものは、どんどんチャレンジしていきたいです。今からスキルアップしていけば、5年後10年後が違ってくると思うから。武田さんはご結婚もされているんですよね。

武田 はい、同じエンジニアをしているパートナーがいます。まだ出産のことまで考えていないけど、子どもができても産休育休制度を活用しようと考えています。働いていられる限りエンジニアとして働きたいですから。でもその前に、今の職場で5年目を迎えて一通り自分で仕事をこなせるようになったので、リーダーになってチームをまとめるような仕事をやれるようになりたいですね。

アルトナー女子同士で、もっとつながっていきたいですね。

武田 ところで、お休みの日は何してる?私は、読書とゲームのインドア派だったんだけど、最近はフィットネスクラブに通い始めました。
新城 私もインドア派で、スキルアップのための勉強に充てています。気分転換にドライブしたり。まとまったお休みが取れたら、海外旅行に行きたいな。いろんな刺激を受けて、視野を広げたいです。
武田 働く上でプライベートな時間ってとても大切だと思います。私、2年目にとても忙しい時期があって、モチベーションが下がってくるのがわかったんです。これではまずいから、眠ることと食べることはちゃんとしようと決めたのです。そうしたらミスが減って、集中して仕事に向き合えるようになりました。難しい案件が来てもすぐに先輩に訊くのではなく、まず自分で考えて、トライしてみる。その上で、先輩が修正してくださったり、私の方からも、なぜそうなったのか道筋を訊いたり。成長は自分で、つかみにいくものだなってわかってきました。
新城 今のお話、とても参考になります。武田さんと顔を合わせるのは今日が初めてですけど、こうして話していると得るものがいっぱいあります。アルトナーの社員同士や、アルトナー女子同士で、もっとコミュニケーションが取れるといいと思います。

視野が広がると、目標も見えてくる。
アルトナーで働くって、素敵な選択肢です。

あなたにとって、アルトナーをひとことで言い表すと何ですか?

武田 「私をサポートしてくれる会社」です。4年半エンジニアとしてやってきて、次はプロジェクトのリーダーとしてやってみたいと思うところまで自分を高められたのも、アルトナーできちんと基礎固めができたから。女性のための休暇制度も用意されていますし、活躍したい女性にはおすすめできる環境です。
新城 「スキルアップの場」です。私は興味を持って学べる環境で働きたいと思っているので、アルトナーのサポートは有り難いです。ただ、仕事のための仕事ではなくて、自分の人生を充実させるための仕事だから、そこが逆転しちゃうとダメだと思います。

最後に、エンジニアを目指す女子学生の皆さんにメッセージを。
新城 私は選択肢と可能性が広げられることに魅力を感じてアルトナーに入社しました。配属に向けた新入社員研修や、配属後のキャリアサポート講座など、しっかりサポートしてくれますし、配属先の会社の方も同じエンジニアとして丁寧に教えてくださいます。失敗することはあっても、モノづくりへの情熱さえあれば、前に進んでいけます。女性へのサポートもしっかり整っているアルトナーに就職して、自身の人生をスキルアップさせてください。
武田 実際に働いていて感じるのですが、派遣で働くことって悪くないです。私の職場にも派遣を経験されたメーカー社員の方がいらっしゃいますが、とても視野が広い仕事をされます。細かな技術の一つひとつが違うんです。エンジニアとしての将来を見すえ、アルトナーに就職することはひとつのキャリア選択肢です。「女性だから」と躊躇する前に、飛び込んで来てください。優秀な後輩に会えることを楽しみにしています。

お二人とも、お忙しい中、ありがとうございました。ますますのご活躍を!

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る