hero
エンジニア女子

アルトナー女子会 vol.03》スキルは後からついてくる!私たちがエンジニアを目指した4つの理由。

仕事のコト、毎日のコト。話そう、女性エンジニアライフ。

モノづくりの最前線を担うエンジニアの世界でも、女性がいきいきと活躍する時代。

今回は、エンジニアとしての第一歩を踏み出した3名に集まってもらい、現在の仕事や、やりがいについて話してもらいました。エンジニアとして働くってどんなだろう。アルトナーは何をしてくれるのだろう。業界の最先端で自己実現する彼女たちの本音トークをお届けします。

Profile

ワイドバリューグループ ソフトウェア エンジニア 大和田 真希
2018年キャリア入社 大学では物理専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】
情報制御システム開発企業で、電気自動車の制御開発業務
〈役職・年齢・業務内容等は取材時のものとなります。〉


ワイドバリューグループ ソフトウェア エンジニア 鶴岡 夏絵
2018年キャリア入社 大学では数理科学専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】
情報制御システム開発企業で、自動車のゲートウェイに関する要求仕様書の作成業務
〈役職・年齢・業務内容等は取材時のものとなります。〉


プロダクトバリューグループ ソフトウェア エンジニア 平野 萌
2018年新卒入社 情報科学専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】
自動車用ソフトウェア開発企業で、メーター類の評価業務
〈役職・年齢・業務内容等は取材時のものとなります。〉

わからない用語ばかりの1年目。
でも、不安を超えたやりがいがある。

どんな業務領域で、どんな仕事をしていますか?

大和田 真希(以下・大和田)私は教育業界から転職して1年目。情報制御システム開発企業に配属されて、そこで電気自動車の制御開発に携わっています。駆動系の中の一部を開発するにしても、全体の制御を理解していないとできません。お客様からの依頼内容をしっかり聞いて、わからないことは自分でも勉強して、だんだんと知識がついているのを感じている毎日です。

鶴岡 夏絵(以下・鶴岡)私は、勤務地は違いますが、大和田さんと同じ企業に配属されて、自動車のゲートウェイに関するソフトウェアの要求仕様書を作成しています。仕様書は全て英語なので、専門用語の英単語もしっかり覚えて、翻訳も任されています。私も教育業界からの転職1年目なので、大和田さんとはアルトナーの新入社員研修ですぐ意気投合しました。平野さんは新卒入社ですよね?

平野 萌(以下・平野)はい、大学卒業まで生まれ育った福岡を離れて、アルトナーに入社しました。配属された自動車用ソフトウェア開発企業では、メーター類の評価業務に携わっています。メーターに組み込まれたソフトウェアがちゃんと動作するか、仕様書通りに作成できているかを、テストする仕事です。自動車の専門用語が次々と出てきて、「これは何だろう」の連続でした。その都度、本を読んだり、周囲の先輩に聞いたり、勉強の毎日です。皆さんは仕事で困ったことはありませんか?

大和田 私は、「CANって何?」からのスタートでした。大学では物理が専攻だったので、いきなり「CANを検証します」と言われて、「え?」という感じ。わからないことは何でも聞ける職場なので、どんどん質問してその場で解決しました。新人エンジニアにとって、職場の先輩のフォローはありがたいですよね。

鶴岡 仕様書を作成する上で、出てくる用語は全て理解しなければならないので、一つひとつ、先輩に聞いたり、自分で勉強したり。みんな、同じような疑問を抱えていて、良い先輩に恵まれていることがわかって、安心しました。

エンジニアを目指した理由は何ですか?

平野 私は、スマートフォンのアプリを開発したいと思ったことがきっかけです。カレンダーアプリなどを使っていて、「ちょっとここが使いづらいな」と感じることがあって、使う人の立場に立った生活に役立つものを自分で作ってみたいと思いました。大学での研究も計算機アプリのエミュレータ開発でしたが、大本の仕様を理解する点で今の評価の仕事に役立っているのかなと思います。


大和田 子どもの頃はずっと空を飛びたいと思っていました。人がもっと自由に空間を浮遊できたらいいなと。それで物理の道に進んで、個人機を開発するエンジニアを目指しました。前職の教育の仕事も大好きでしたが、これまで学んできたことを自分のために活かしたいと思ったことがきっかけです。

鶴岡 私は、個人指導塾の教室長をやっていて、授業にプログラミングが取り入れられたり、教育にもAIが関わってきたり、変化を目の当たりにしてきました。理系の本能から俄然興味が湧いてきて、最先端のエンジニアリングを勉強したい、成長できる環境に身を置きたいと思って、転職しました。

成長し続けたいからアルトナーを選んだ。
きめ細やかな教育・研修制度が安心できる。

アルトナーを選んだ理由は何ですか?

鶴岡 アルトナーは研修制度がしっかりしている点でも安心できましたが、決め手になったのは会社の雰囲気の良さです。理系の人はコミュニケーションを意思疎通するためのツールと捉えている人が多いですが、私はもっと人間的に接するための気持ちを大切にしたいと思っています。アルトナーには他の会社にない人の温かみを感じました。

大和田 私が転職活動を始めた時に、アルトナーの「物理や理系を学んだ人でもエンジニアとしてやっていけます」という言葉に共感しました。採用担当の方に会ってお話を聞いたら、「物理という根本的な理論や考え方を学んできたのは強みです。技術はこれから追いつけるから大丈夫」と言っていただけたのが、エンジニア未経験の不安を払拭してくれたと思います。平野さんは新卒向けの企業説明会も受けました?

平野 はい、他の技術者派遣の会社も含めていくつか説明会に行きました。その中で、配属前の研修がしっかりあって、自分の目標を叶えていく上で体制が整っているなと思いました。あと、ホームページを見ていると女性社員の紹介があり、気持ちに余裕が生まれました。少し引っ込み思案なところがある私でも溶け込めるかな、仲良くなれるといいなと思いました。

女性として、新人として、配属に不安はありませんでしたか?

大和田 1年経って職場にも慣れてきた頃だと思いますが、配属当初心配だったことはありますか?私の場合は希望も汲んで業務を割り振っていただいているし、とても仕事しやすい環境です。女性も私を含めて二人いますけど、エンジニアに男女の垣根はないって感じています。


鶴岡 私のチームは男性の先輩と二人ですが、わからないことなどあった時に親身になってくれて仕事環境はとても良いです。職場では「女性エンジニアが欲しい」という要望をよく聞きます。仕事面でも対等に扱っていただけるし、エンジニアの職場は女性が活躍しやすいと思います。

平野 女性エンジニアはまだまだ少ないですが、私も、男性社員が気遣ってくれるので不安はありませんでした。同年輩の同僚と「これって何だろうね」と教え合えたり、私より後から入った方から質問されても答えられるようになったり、日々成長を感じられる職場です。

アルトナーは、私たちエンジニアの“実家”。
社員同士の絆とあたたかさがある。

将来に向けて、どんなライフプランを描いていますか?

鶴岡 職場の皆さんが、今までの人生でなかったくらい優しくしてくれるんです。でも、それに甘えないで、エンジニアを選んだ理由でもある勉強したい気持ちを忘れずに成長したいと思います。基本情報技術者試験やTOEICも受けようと考えています。平日は帰宅してから勉強したり、土日に勉強する時間を設けたり。大和田さんとも、月に一回勉強会を開いているんです。

大和田 お互い、スキルアップが大事な時期ですものね。自動車制御の知識を身につけるために1時間早く出社することもありますし、私も基本情報技術者試験に必要な知識を身につけたいと考えています。休日は、お願いしてアルトナー本社のツールを使わせていただくこともあります。上司の方も休日なのに快くオフィスを開けてくださって、本当にありがたいと感謝しています。

平野 勉強会、いいですね。私も勤務地の静岡で勉強仲間をつくりたいです。今は資格の勉強まで手が回りませんが、自動車関連の専門誌などを読みながら「今日はこれを覚える」と決めて、毎日の習慣にしています。職場で女性社員の方が、依頼された案件を「わかりました」とさらっと仕事していらっしゃるのを見て、すごいな、カッコいいなと思いました。私もそうなりたいから目標にしています。

鶴岡 いずれは結婚もしたいですが、結婚後も働き続けたいですね。そのためにも、今はエンジニアとしてのスキルアップと思います。

大和田 私も将来結婚、出産、育児の時期が来ても、働きたいです。アルトナーで働きながら育児をしている先輩がいらっしゃるので、今後お話を伺ったみたいです。

あなたにとって、アルトナーをひとことで言い表すと何ですか?

平野 「自由闊達な会社」です。入社時の柔軟な印象がとても強くて、私たちの希望を尊重してくれる会社だと思います。私はこれまで物事を諦めやすいところがあって、エンジシアになったからには、ダメだと思った時にもう少し頑張ってみる「不撓不屈」を心がけています。良い会社に配属してもらい、自分に厳しく仕事と向き合えているから、今は本当に楽しいです。

大和田 「居心地の良い会社」です。派遣って配属されたら一人だと思っていましたが、月に1、2回は研修があって皆が集まるので仲良くなれます。研修後は自然と食事会になって、お互いの情報交換もできます。また、配属先の近くのアルトナーのメンバーで定期的に集まるうちに、仲間意識も生まれてきますね。

鶴岡 私にとって、アルトナーは安心できる「実家みたいな場所」です。勉強会を実施する時は本社を使わせていただいたり、いつも気にして声がけしてくれます。エンジニアとしての成長の手助けをしてくれて、何かあったら頼れる場所があるというのは、心強いです。社員同士も、研修担当の方とも、本当に仲良くなれたので、今度みんなで運動会やりたいです。エンジニアの仕事は運動不足になりがちだから、解消の意味も込めてどうかしら?

大和田・平野 運動会、いいですね!

男女の垣根はないし、悩むより行動!
一緒に、エンジニアとして自己実現しようよ。

この先、エンジニアとして手がけてみたい製品はありますか?

大和田 私は、エンジニアとしてシステム開発の上位工程に携わって、自分で構想したものが世の中で使われることが夢です。一番の夢は、子どもの頃から思い描いていた、人間が単体で空を自由に飛べる機器を開発できたら幸せですね。

平野 それは、空飛ぶセグウェイみたいなイメージですか?

大和田 そうですね。車も自動運転の次は、もう空を飛ぶしかないんじゃないかと思いますし、それが一人で飛べたらもっと素晴らしいですよね。車の制御の知識をどんどん積み重ねていって、その知識を活かしてこれまでなかったものを作れないかと考えています。

平野 私は、アプリ開発です。人の毎日をもっと快適に、便利にしてくれるようなアプリを作りたいという想いがずっとあります。今の評価業務は、不具合を一個一個つぶせていけたりすると、「自分はちゃんと見ることができているな」という達成感があります。今はこの喜びを大切にしたいです。


鶴岡 私が手がけてみたいのは、モノではなくて、マネジメントです。今の職場で、「鶴岡さんのような人は今までいなかった」と言われて、塾の教室長をして培われた元気さやリーダーシップを評価していただいたのかなと思いました。指示がうまく伝わらない時に、どう指示を出したら伝わるのか、そういうことがエンジニア業界でも求められてきているのかなと思います。今後増えてくる女性エンジニアの後輩を取りまとめることとか、技術面と併せて磨いていきたいですね。

最後に、エンジニアを目指す理系女子の方々にメッセージを。
平野 少し引っ込み思案なところがある私が、生まれ育った福岡を出てこの世界に飛び込んだのも、エンジニアになりたい一心からです。自分がやりたいと思うものがあるなら、エンジニアとしてさまざまな経験を積みながら、自分を磨くことができる環境です。「やってみよう」という気持ちを第一に考えて、ぜひ挑戦してみてください。

鶴岡 理系女子で良かったなと思える環境です。私は女性だし、エンジニア未経験だし、と不安なところもありましたが、アルトナーは配属前も配属後も研修などでしっかり支えてくれて、成長を実感できます。エンジニアとしての男女は対等ですが、職場で女性は優しくしてもらえるので安心してください。一緒に働ける日を心から待っています。

大和田 臆せず、エンジニアとしての夢を叶えて欲しいと思います。一歩踏み出してしまえば、スキルは後からついてきます。女性だから仕事がやりにくいと感じたことはありませんし、アルトナーには相談に乗ってくれる先輩や上司の方がたくさんいます。研修を通して、技術面だけでなく、人間としても成長させてくれる環境が整っていますよ。

皆さん、お忙しい中、ありがとうございました。ますますの飛躍を!

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る