hero
エンジニア女子

アルトナー女子会 vol.01》女性が少ない業界・職業だからこそ、活躍できる場所はたくさんある!

仕事のコト、毎日のコト。話そう、アルトナー女子会

モノづくりの最前線を担うエンジニアの世界でも、女性がいきいきと活躍する時代。

最近、さまざまなシーンで「リケジョ(理系女子)」と称される、颯爽としていて、知的な女性が注目を集めています。アルトナーでも多くの女子エンジニアが活躍していますが、今回はその中から、業界の最先端でイキイキと働く3名に現在の仕事や毎日についてお話してもらいました。彼女たちのコトバから見えてくる、エンジニアとしてのやり甲斐、女性としてのひたむきな思い、そして夢とは……?

Profile

ワイドバリューグループ 機械 エンジニア T.A
2005年キャリア入社 工学デザイン専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】大手自動車メーカーの開発センターで、電気自動車の開発。


ハイバリューグループ ソフトウェア エンジニア K.Y
2015年キャリア入社 情報システム科専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】半導体露光装置ベンダーで、装置ログの解析ソフトの開発。


ワイドバリューグループ 電気・電子 エンジニア D.Y
2015年キャリア入社 電気情報工学科専攻
【現在の配属先顧客企業と担当製品】大手自動車メーカーで、電気系統ユニットの制御システムの開発。

男性が多い職場だけど、頑張った分だけ
評価してもらえるし、男女の垣根はなし。

皆さん、エンジニアとして異なる業務領域で活躍されていますね。

D.Y(以下・D) Tさんは、どのような分野でお仕事されてますか?
T.A(以下・T) 私はアルトナーに入社後、一貫して先行車両開発に携わってきました。
D 私もTさんと同じく大手自動車メーカーで、ハイブリッド車の電気系統ユニットの制御システムを開発する部署に所属しています。

K.Y(以下・K) 電気系統ユニットの制御システムって車の頭脳部分ですね?
D はい、現在の車には多様な制御システムが数多く搭載されています。Kさんはどんな分野で活躍されてますか?
K 半導体露光装置を手がけるベンダーで、装置周辺ソフトのひとつである装置ログの解析ソフトを開発しています。
T 3名とも男性が多い職場ですよね。
K 私の部署はエンジニアが16名いて、女性は2人です。
D 私の場合は100名以上の部署の中で、女性は20名くらいかな。
T 私の部署は人員が90名いて、そのうち女性は15人前後ですね。

男性が多い職場で、女性として不便を感じることはありませんか?
T 職場で自分が女性であることを意識することはありません。実力を正当に評価してくれるので、そもそも男女にこだわる必要がないですから。
D 私も男女の垣根を感じることはないです。尊敬できる男性の先輩もたくさんいます。
実は私、銘酒の飲み比べが趣味なんですが、業務とは違う打ちとけた雰囲気の宴席は業務外の方と交流を深められるチャンスなので、会社の飲み会やイベントに積極的に参加するようにしています。
K Dさんはお酒に強いんですね?
D 結構、飲めるクチです(笑)。大好きな日本酒を楽しみながら、尊敬する先輩社員の方からいろいろな話が聞けるなんてすごく刺激的ですし、勉強になることも多くて。

女性エンジニアであることが強みと感じることはありますか?

T 新機種車の提案の一環として、車の内・外装を手がけるデザイン領域の方々と関わる場面では、女性らしい感性が大切だと思うことが多いですし、未来形の車両像やレイアウト考案、ショーカー的な試作車製作でも、女性ならではの繊細さや発想力が欠かせないと思っています。
K 私も設計開発の仕事は、細かな部分への気づきや配慮が重要だと感じています。でも、Dさんのように部署外の人と交流を深める機会を自ら作っていくことって、男女を問わず大事ですよね。
D 正直言うと1年目はがむしゃらでした。2年目のいまは「将来、こうなりたい」という理想のエンジニア像が見えてきました。
K 私とDさんはアルトナーへの入社年も同じで、プロジェクトが立ち上がった段階からチームに参加させてもらっている点も同じです。2年目を迎えて、私は手がけているもののカタチが見えてきたので、すごく毎日が刺激的だと感じています。
T 仕事のワクワク感は、パワーの源ですよね。私も必然的に現場やユーザの反応に触れる機会も多いので、お客様の喜びの声がいちばんの励みですから。
K 女性ならではの想像力&創造力が設計開発に反映されることは多いですし、インターフェイスやユーザビリティも、女性独自の繊細さが重要な役割を果たすことが多い。いま以上に力を発揮して、会社やお客様に喜ばれる製品づくりに邁進したいですね。

エンジニアとしても、人としても、知見が深まる
研修制度など、アルトナーには魅力がいっぱい!

アルトナーに入社した理由は何ですか?

K 私がアルトナーを選んだ理由は、研修制度が充実していたことです。
T 私も、アルトナーに入社した最大の決め手は研修制度でした。アルトナーの研修はジャンルを問わず様々な業界の方からお話が聞けるので、知的欲求が満たされるんです。
D 著名団体や、最先端分野で活躍されている方が客員講師を務めるセミナーも多いですね。
T 最近はビジネス英会話のセミナーも人気みたいですよ。
K
私は入社前、ハワイの大学でコンピュータ・サイエンス関連のプログラミングやシステム設計を学んでいました。
D じゃあ、語学が堪能なんですね。

K ビジネス英会話や解説書を読むことに不自由は感じませんが、グローバル化にともなって技術に国境がなくなってきているいま、英語力はエンジニアに必須のスキルだと感じることは多いですね。
T アルトナーの研修制度は、自分が興味を持った講座を月に数回、週に何時間といった感じでフレキシブルに選択できるのがうれしいところです。育休前は研修制度を活用していましたが、今は子どもの習い事や学校行事で参加できていません。でも、将来はまた、研修制度を利用してステップアップをしていきたいと思います。
D 私にとっての研修の良さは、仕事のスケジュールと調整しながらステップアップできることかな。
T 新技術や新しいツールが世の中に出てきたとき、第一線で活躍する講師が最新情報をレクチャーしてくれる。そんな機会はあまりないので、私たちはとても恵まれていると思います。

女性エンジニアであることに、悩んだことはありますか?

D 私の場合は男女、学歴、社歴にかかわらず様々なお客様や技術領域で活躍できるところが、アルトナーに入社した理由でした。それでも「女性エンジニアとして活躍するために、どのような方向に進むのが最適なんだろう」と、正直思い悩んだ時期もありました。
T そうした思いは誰もが一度は感じるものだと思いますよ。
D でもいまは、エンジニアが自信をもって働けるよう親身にサポートしてくれるアルトナーに入社して、本当によかったと思っています。

K 私は一人ひとりに適した顧客企業を紹介してくれる会社がアルトナーだと思っています。最初は「やっていけるかな?」って不安を抱いていても、配属先では自分の予想以上の実力を発揮できた人も多いみたいです。
T それってたぶん、個々の適性や希望を把握したうえで、配属先を取捨選択してくれるうえに、ひとつの派遣業務が終了しても雇用関係が継続する安心感があるからでしょうね。
D 正直言うと配属された当初は「大手の自動車メーカーだし、車の頭脳部分を司るシステムの設計開発は私には荷が重くない?」という不安もありました。いまは、ビッグチャンスを与えてくれたアルトナーに感謝の思いでいっぱいですけど(笑)。

結婚・育児も経験したい、エンジニアとしての
夢や目標も追い続けていきたい。

将来の目標、手がけてみたい製品はありますか?
K 最近は話題のAI(人工知能)を活用した夢を思い描くようになりました。
T それはどんな夢ですか?
K 発展途上国で地雷被害に遭った方や、障がいをもつ方用の電気義手の開発です。
D 義手や義足はかなり進化しているようですが、電気義手ってどんなものですか?
K 現在主流の義手(手指腕の義肢)は昔のものと比べて著しく進化しているのですが、一方で「電動ハンドのモーター音が大きい、反応が遅い、繊細な動作ができない」といった課題も抱えています。例えば人体では「食べたい」と思うと、その欲求を満たすために脳から手や指に電気信号が送られ、その信号によって「物を食べる」ことができます。逆に足にケガをしたとき、その痛みは足から脳に電気信号で送られます。この仕組みを活用することで、脳が欲する繊細な動きを実現させる電気義手を開発したいな、と思っています。
T すごい、ぜひ実現してほしい!
K そのためには勉強しなくちゃいけないことが多いので大変です(笑)。
D 電気義手はICチップを作る機械製造から得た着想ですか?
K 直接的には関係ありませんが、スマホやカメラなどに使われる半導体露光装置のICチップを扱う中で、いろいろな可能性を考えるようになっていったんです。
T 細かな仕事の中から、大きな着想が生まれたんですね。
K 半導体やICチップ自体はとても小さなものですが、ICチップを作る機械の一連の流れを構築すると、バスケットコートくらいの大きさになるんですよ。
T スケールが大きいんですね。私もDさんも未来を見据えた自動車の先行開発に関わっていますが、私たちの仕事が世の中を変えていくって考えると責任は重いですよね。
D はい。いま以上に頑張らないといけませんね。

DさんとKさんに、ライフプランについてお聞きします。

T KさんもDさんも、将来は結婚して子どもを生むという目標も設定していますか?
D できれば結婚して子どもが欲しいですね。でも、まだ先でもいいかな。
K 私は恋愛の時間を勉強に充てたい……。だからいまは恋愛や結婚に興味がなくて、開発業務の世界動向や第一線で活躍している方の話や論文に目を通すことに、時間を割くようにしています。最大の悩みは「もっと時間が欲しい!」ってことかな。
T KさんもDさんもまだ20代なので、いろいろな経験をしてエンジニアとしてのスキルを磨きながら、女性としても幸せになってほしいと思います。
D Tさんは結婚も育児も経験していらっしゃいますが、育児は大変でしたか?
T 私はアルトナー入社3年目に第一子を出産して育児休暇(育休)に入ったんです。保育園の時期の子どもは具合が急変することが多く、育休明けに1カ月あまり横浜事業所に勤務させもらいました。加えて、育休後、子どもが小学校に上がるまで使える看護休暇があったので、すごく助かりました。そういう意味でもアルトナーの社員であることに大きな安心感がありました。

K 育休後に復帰する際、不安はなかったですか?
T 育休明けに配属先を探す際も、会社や営業の方が子育てと並行して設計開発ができる案件を一生懸命探してくれましたし、配属先も育児についての理解が高かったので、問題なく働き続けることができました。「我慢した」「つらかった」という記憶はないですよ。
D Tさんの話を聞いていると、せっかくアルトナーに勤めているなら、様々な制度を活用して、仕事と育児をうまく両立する女性エンジニア像が、自分もあてはめられるような気がしてきました!

「なりたいエンジニアになれる」アルトナーで、
自己実現を成し遂げてください!

最後にエンジニアを目指す「リケジョ(理系女子)」の方々にメッセージを。

D 社会では様々な業種で女性エンジニアが必要とされています。女性が少ない業界・職業だからこそ、活躍できる場所はたくさんあると思います。アルトナーは「なりたいエンジニアになれる」会社です。これはまさしく私が体感・実感していることなので、皆さんもアルトナーで夢を叶えてください。
K 「気になったこと」「やってみたいこと」はなんでも、目指す技術領域に関係ないことでも、学生時代はとりあえずやってみてください。逆に「やりたくないけど、やらなければならないこと」からも逃げないクセをつけておいてください。
それぞれの経験から感じ取ることや学び取ることは、 皆さんの人間力を増して、考え方や物の見方を豊かにしてくれると思います。
Do not give up nor run away from what you are doing. And, keep trying until you attain your life time goal.

T 子どもも手がかからなくなってきましたので、私はこれから自分磨きに注力したいと思っています。いまの私があるのは結婚、妊娠、育児といった人生の節目でアルトナーがサポートしてくれたから。アルトナーは、お客様に信頼されるエンジニアになるための上位資格を取得する制度も充実しています。自分の適性や希望にそった仕事に就きたい、実力を発揮したいと考えている人にこそ、アルトナーはオススメの会社です。興味を持たれた方は一度先輩の話を聞いてみては? 小さなことでも遠慮せずに質問してみることが、理想のエンジニアに近づく第一歩になる。私はそう思っています。

みなさんお忙しい中、ありがとうございました。

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る