hero
技術領域

機械

機械 
電気・電子 
ソフトウェア(制御ソフト) 
ソフトウェア(情報処理)

機械エンジニアの業務概要

機械エンジニアは、2D CAD・3D CADを使用して、機械が動く仕組みの設計を行います。

設計分野として、機器装置(輸送機器及び配管、鉄骨等の構造物に対応)、機構(搬送・検査・加工・製造機器の機構設計に対応)、樹脂成型/板金筐体(プラスチックから板金に至る成型や加工・処理等に対応)、解析(構造、振動、熱、流体、衝突等の解析に対応)などがあります。

業務を行うためには、4大力学(機械力学・材料力学・流体力学・熱力学)の知識が必要です。



業務実績 
基礎研修 
カスタマイズ研修(応用研修) 
社内研修設備 
必要なスキルや資格

機械エンジニアの業務実績

アルトナーの機械エンジニアは、メーカーの業務工程のコアとなる領域の多種多様なプロジェクトで多くの実績を作っております。

自動車全般

車体設計開発(ボデー、シャシ、エンジン、ミッション、内装、外装、構造解析等)
信頼性試験(環境試験、ノイズ試験、耐久試験等)

エコカー

エコカー充電器の開発、リチウムイオン電池の開発
駆動用モーターの開発、車載用モータの構造設計
高電圧バッテリーの設計開発

レーシングカー

レーシングカーのエンジン部品の設計

特殊自動車

特殊自動車(トレーラ、タンクローリー、高所作業用車)の開発
各車両のカスタマイズ設計(車軸、ボデー、シャシ、強度解析)

医療機器

PETシステム開発 (筐体設計、信頼性試験)

眼科医療機器の開発 (筐体設計、駆動機構の設計)
家庭用医療機器の開発 (筐体設計、信頼性試験)
輸血・輸液セットの改良、次期セットの開発

産業機器

作業ロボットの設計開発 (関節駆動部、センサ)

半導体露光装置向け温調機の開発 (筐体の構想、基本設計)

衛生用品製造ラインの設計開発
電動機の設計開発(構造設計)

家電機器

カーナビゲーションの開発(筐体設計、構造設計)
白物家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコン等)の設計開発(筐体設計、構造設計)
AV機器(ビデオカメラ、薄型テレビ、ミニコンポ等)の設計開発
複合コピー機向け紙送り・光学読取装置の開発(機構設計)

航空宇宙機器

航空機の設計開発(静強度解析、疲労強度解析、損傷許容解析)
航空機関連の試験冶具設計、旅客機用AV機器の設計(内装設計)

自動二輪車

フレームの設計開発(3Dモデル、解析)
外装部品(サスペション、メータ、カウル等)の設計開発

電動バイク(バッテリーユニット等)の設計開発

機械エンジニアの研修と社内研修設備

機械エンジニアは、充実した社内研修設備のもと、基礎研修、カスタマイズ研修(応用研修)の2段階にわたる専門の研修を受講します。

基礎研修

数々の実績を生み出すために、アルトナーでは入社後にまずエンジニアの第一歩として必要な、基礎知識と基礎スキルを習得します。どのような実務にも対応できる技術基盤を固めます。

カリキュラム
座学 機械製図
機械要素
材料力学
機械材料
樹脂・板金
実習 2D-CAD操作実習(AUTOCAD)
3D-CAD操作実習(CATIA V5)
3Dモデリング(ソリッド、サーフェス)
アセンブリ
ドラフティングワークベンチ
XYZテーブル部品図作成
課題プレゼン
機械の分解・組立
計測機器操作
Excel基本操作

カスタマイズ研修(応用研修)

特定の顧客企業の業務にターゲットを絞り、 より現場に即したプロセスで研修が進行。 必要な技術スキルを基礎から実践まで 幅広く身に付けます。

対象業界
自動車業界向け
自動車の仕組み
自動車構成部品の名称
解析ツール基本操作
精密機器業界向け
駆動系機械要素の知識
アクチュエータの種類
センサー機器の種類
家電業界向け
特殊形状の理解
表面処理塗装の種類
電気機構部品の知識
法規・規格の知識

社内研修設備

機械 2D CAD AutoCAD、Micro CADAM
3D CAD ハイエンド CAD CATIA V5、NX、Creo Parametric、3D Experience
ミドルレンジ CAD SolidWorks、Inventor、SolidEdge
CAE ANSYS、NASTRAN

機械エンジニアの主な推奨資格

機械エンジニアとして業務を行うには幅広い知識はもちろん、経験や、高度なスキルが必要になります。アルトナーではエンジニアのスキルアップを応援するために、職種や等級ごとに推奨資格を設定し、援助制度を設けております。

機械系の主な推奨資格
技術士、技術士補、機械設計技術者、3次元CAD利用技術者、2次元CAD利用技術者、技能検定試験(機械・プラント製図、電気製図等)、公害防止管理者、エネルギー管理士、他多数

資格取得援助制度の詳細は

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る