hero
転職支援

自動車内装部品メーカーへの転職

河西工業株式会社  山﨑憲二さん(転職時 34歳)

EA「転職支援制度」を利用して転職を果たしたアルトナーOBの山﨑憲二さんにお話しを伺いました。
2007年4月アルトナー新卒入社。建設機械メーカー、半導体製造装置メーカー、家電メーカー、自動車メーカーで様々な機械の設計技術者として活躍。2016年11月に自動車内装部品の総合メーカーである河西工業株式会社に転職。

自動車の内装に特化した設計がしたいと思いました。

「建設機械」「半導体製造装置」「家電」「自動車」全く異なる業界の大手メーカー4社で貴重な経験。アルトナーだからできる、大手メーカー正社員へのキャリアアップ。今後さらに経験を積んで「自動車内装設計のエキスパート」を目指したい。

アルトナーに入社したきっかけは?

大学は工学部の機械系を専攻していて、クルマが好きだったことから当初、大手自動車メーカーや部品メーカーへの就職を希望していました。ある時、大学の先生からの紹介で「エンジニア派遣」という業界・企業の存在を知り、興味を持ったことから、アルトナーの面接を受けてみました。
正直、当初の技術派遣のイメージは「異動が多く、会社からの教育やサポートも少なく、使い捨てされそう」といった不安を大きくもっていました。でも面接では入社後、しっかり教育研修を受けられることや、様々な業界の最先端技術に触れる機会があることを知り、自分の可能性を広げるチャンスがあるアルトナーへの入社を決意しました。

アルトナーでどのような仕事をしていましたか?

入社後2か月間は、本社で毎日研修を受講。私は機械設計職を目指していたので、CADを使った設計ノウハウや機械力学の基礎知識をはじめ、ビジネスマナーも丁寧に指導していただきました。またその後も定期的にTOEICの研修やCADの研修を受けたり、勉強会を開催することで、スキルアップできました。
私の場合、アルトナーに在籍していた10年弱の期間で4社の顧客先で勤務しました。大手建設機械メーカーではエンジンやDPFマフラーの設計。大手半導体製造装置メーカーでは真空搬送装置の設計。大手家電メーカーでは業務用LED照明設計。大手自動車メーカーではエンジンの設計やCAE解析。このように業界の設計の対象も全くバラバラでしたが、その分、身に付いたスキルが「様々な視点から物事を考え、複数の選択肢からベストな設計を見出し、実践できる」こと。これは大手メーカー1社の正社員には決して体験できないことなので、アルトナーに入って本当に良かったと思いました。

転職したきっかけは?

30歳を過ぎ、ある程度技術者として活躍できる自信がついた時、改めて将来のことを考えました。その時思ったのは昔からクルマが好きだったこともあり、「自動車部品メーカーに絞って働きたい」ということ。特に自動車の内装に特化した設計がしたいと思いました。乗客が最も長い時間触れる空間を設計できる醍醐味に魅力を感じたからです。そして人材紹介担当者に相談した結果、今の会社を紹介していただき、無事入社できました。

現在の業務と今後の自分の目標

入社後、早速、自動車内装の設計に挑戦していますが、これまでとは全く異なるテーマなので、今は勉強の毎日。ただこれまでアルトナーで経験してきたことが、大いに活かされています。それは、様々な設計ノウハウを持っているので、他の自社メンバーに対して新しい視点・発想で提案できることや、海外の工場と定期的に英語で会議を行うため、語学研修で学んだ英語力が大いに役立っていること。
今後さらに経験を積んで「自動車内装設計のエキスパート」を目指したいですね。

EA事業部門 転職支援担当者より

アルトナー在籍時には複数の企業で経験を積まれていた山崎さん。その様々な経験が、固定した概念にとらわれない応用力のある設計力につながっているのではないでしょうか。また、毎日の業務での成長に満足せず、アルトナーの教育研修制度をフル活用し、技術を吸収し続けようとしていた姿勢には本当に頭が下がる思いでした。本当に技術者として素晴らしい成長をされて来たと思います。
改めてインタビューに協力して頂いた山崎さんにはお礼申し上げるとともに、今後のご活躍にご期待申し上げます。また、この取材に協力頂いた河西工業株式会社様にも厚く御礼申し上げます。

転職支援

資料請求やご相談・ご依頼を承ります。お気軽に以下までお問い合わせください。
Tel:0800-111-2163 (無料/携帯可)
E-mail:e-agency@artner.co.jp

Related Contents関連コンテンツ

TOPに戻る