取締役報酬関係

2022年1月期 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項

当社の役員報酬については、固定報酬と業績連動報酬により構成されており、その報酬限度額は、2017年4月27日開催の定時株主総会において、取締役(監査等委員である取締役を除く。)5名は年額200百万円以内、監査等委員である取締役3名は年額30百万円以内として、それぞれ決議いただいております。なお、役員の報酬等の決定に関する手続きの客観性、透明性を確保することを目的として、2022年4月21日開催の取締役会で、取締役会の任意の諮問機関として指名・報酬委員会(代表取締役社長1名及び社外取締役である監査等委員3名で構成)の設置を決議いたしました。指名・報酬委員会は、取締役会からの諮問を受け、取締役等の報酬等に関し審議をし、答申を行います。

取締役会及び監査等委員会は、役員報酬に関して権限を有しており、その権限は固定報酬と業績連動報酬の審議と決定であります。取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬額については、取締役会が決定し、監査等委員である取締役の報酬額については、監査等委員の協議により決定しております。

固定報酬は、役職位別に定める額を基準とし、経営内容、社員給与とのバランス、他社水準等を総合的に勘案して決定しております。ただし、会社業績の著しい悪化等により通常の方法で算出した報酬額を支給することが妥当でない状況においては、報酬の減額措置を講ずることとしております。

業績連動報酬の指標は、取締役の成果を図るにあたり最適であるとの判断から、当期純利益を踏まえた上での一定の計算式に基づき算出しております。なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標は563百万円であり、実績は744百万円であります。

当事業年度の役員報酬の額の決定過程における取締役会及び監査等委員会の活動は、次のとおりであります。

取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬について、固定報酬額は2018年4月26日開催の取締役会にて決定し、以後変更はありません。個々の業績連動報酬額は2022年2月28日開催の取締役会にて決定しております。


監査等委員である取締役の報酬について、固定報酬額は2018年4月26日開催の監査等委員会にて監査等委員の協議により決定し、以後変更はありません。個々の業績連動報酬額は2022年2月28日開催の監査等委員会にて監査等委員の協議により決定しております。

2022年1月期 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分 報酬等の総額
(千円)
報酬等の種類別の総額(千円) 対象となる
役員の員数
(名)
固定報酬 業績連動報酬
取締役
(監査等委員及び社外取 締役を除く。)
102,103 88,429 13,674 5
取締役(監査等委員)
(社外監査役を除く。)
- - - -
社外役員 22,860 21,645 1,215 5

2022年1月期 役員ごとの報酬等の総額等

報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

投資家情報

お問い合わせ・資料請求を承ります。お気軽に以下のフォームまでお問い合わせください。

(※セールス・勧誘等を目的としたお問い合わせ、お電話はご遠慮ください。)

お問い合わせ・資料請求

Tel:0570-00-2163